入院後の介護は誰に相談したらいいですか?≪知っておきたい相談員のこと≫

こんにちは。みろりんです。

【遠く離れていても親は元気でいてほしい】誰もがそう考えますよね。でも、持病の悪化や転倒による骨折などで急に入院になることが結構多いのです。

「えっ!そんな急に入院になってこれからどうしよう・・・家に帰れるの?帰れないの?いつまで入院できるの?費用は幾らかかるの?」などなど色々な不安がでてきますよね。

そういうときに力になってくれるのが【ソーシャルワーカー(病院によっては医療ソーシャルワーカーという)】という職種。病院の医療連携室または地域連携室に配属されています。

あまり知られていませんが、よく理解しておくとあなたの大きな助けになりますよ。

入院期間は急性期は2週間、回復期は3か月

入院の経験があれば分かると思いますが、救急車の受け入れ病院は急性期病院といい、入院期間は基本的に2週間と決まっています。これは、次から次へと入院患者が来るためのベッドの確保と、術後の病状管理がひと段落する時期にもなるのです。もちろん、2週間経てば自動的に退院するという訳ではなく、人命が最優先なので個別の対応を行います。

もし2週間で在宅生活に戻ることが難しければ、回復期病院へ転院して病状回復のための必要な治療や訓練を行います。例えば、骨折後の手術は急性期病院、術後のリハビリは回復期病院、という形です。

では、ソーシャルワーカーはどのような役割なのでしょうか?

そもそも、ソーシャルワーカーとは【医療版のケアマネージャー的存在】というイメージが合っていると思います。

医師や看護師との情報共有や連携はもちろんのこと、本人・家族との調整、急性期から回復期病院へのお世話や介護施設の受け入れ先を探したり、ケアマネージャーと連絡をとりあうのも大事な仕事です。

回復期病院は入院期間が3ヶ月と決まっている為、入院時からすぐに退院を見据えて動いています。

介護保険の手続きまで

介護保険は申請から認定まで1~1.5カ月ほどかかるので、退院を見据えて介護保険の手続きの代行を行う病院もあります。入院中のお世話はもちろんのこと、本人・家族と退院後の生活について話しあいを行い、一緒に考えていくパートナーのような存在です。入院費用が心配だと思うので 高額療養費制度や限度額認定証 の手続き方法、退院後に不安なく生活が送れるようにお手伝いするのが仕事内容になります。退院時に車イスで自宅や施設に戻るのが難しければ、介護タクシーの手配を行います。

施設探しやケアマネージャー探しも大事な仕事

退院後に不安なく生活を送るという点で、施設入所が妥当と判断されれば本人・家族の希望に添えるような介護施設を探して情報提供をします。在宅生活が妥当という判断になればケアマネジャーに受け入れの打診があります。いずれにしても早い段階で提案があり、本人・家族が熟考して行動する時間も考慮されています。期限が迫っていきなり言われても困りますよね。

退院が決まれば、施設・在宅問わず医療機関スタッフと本人・家族、介護事業所(施設)スタッフが集まって退院後の担当者会議が開催されるのが普通です。その後退院後の受け入れ調整ができ次第退院になるのです。

地域包括支援センターへ相談。

病院には色々な人が入院してきます。困難事例の場合は地域包括支援センターへ相談し、連携しながら妥当な解決方法を考えていきます。

いかがでしょうか。入院中はどうしてもお見舞いということで病棟に行くことが多いと思いますが、不安なことや悩みがあってもなかなか看護師にさんに相談しづらいことがありますよね。それに看護師さんって忙しいですよね。

『どうしよう、誰に相談したらいいんだろう』と入院中に不安を感じたら、ぜひ【ソーシャルワーカー】に相談してみてくださいね。あなたの心強いパートナーになってくれると思いますよ。

注意:実際にケアプランを立てるにはケアマネジャーに依頼する必要があります。このブログは介護初心者がケアマネジャーに相談するにあたって敷居が高く感じるとの相談から作られました。必ずケアマネジャーとの相談の上でお願いします。