居宅介護って何ですか?≪居宅介護の基礎知識について≫

こんにちは。みろりんです。

今まで介護についての相談を数多く受けてきましたが、中には今日のテーマである【居宅介護って何ですか?】という相談がありました。

今日は居宅介護についての説明です。

居宅=自分の家という意味になります。つまり、自分の家で誰かが介護を行うことを【居宅介護】というのです。

では、居宅介護では介護保険を利用することでどんな介護を受けれるのでしょうか?

代表的なのが訪問介護。

いわゆるヘルパーさん、介護さんと呼ばれている人たちです。

生活介護と身体介護があるんです。

生活介護とは、買物・掃除・洗濯など、家事の一部分を行うことです。例えば、握力が弱く掃除機がかけれない、自宅では歩行器で歩けるけど外出は車イスじゃないと難しい、などなど。

家政婦では無いので利用する前に訪問介護事業所からの説明をよく聞いておきましょう。家族と同居であれば生活介護は基本的に受けられません。介護保険は【本人の為の自立支援】が目的であって【家事代行サービスではないのです】

家事代行サービスを希望するのであれば、実費負担の訪問介護の利用をお勧めします。

身体介護とは、オムツ交換・車イスへの移乗・入浴の介助・着替えや食事の介助などを行うことです。身体の一部に直接触れて日常生活を自宅で過ごす上で必要な介助を行います。

介護度が上がるほど、この身体介護が増えてくる率が高くなるのです。

ちなみに自宅に訪問してくれる介護サービスは他に訪問看護・訪問リハビリなどが挙げられます。

自宅で車イスで過ごしているなら外出時には介護タクシーの利用が可能です。

自宅から出て外に通うサービスを【通所系サービス】といいます。

通所介護・通所リハビリが挙げられます。

通所介護は、気分転換や趣味・交流などを主な目的としています。通所リハビリはリハビリを頑張って体の機能を維持・向上を目指します。

両方ともに 日常生活の質の向上を目指します。

施設でのお泊りも可能です

家族の介護負担軽減を目的として介護保険で泊りも利用できるんです。

例えばショートステイや小規模多機能型居宅介護などがありますよ。

住宅改修も可能です

手すり設置やトイレをウォシュレットに替えたり、段差を改善して転倒予防対策をしたり。風呂場の床材変更も可能です。

ただし、一軒につき利用可能な金額が決められているのでよくよく吟味して使いましょう。

では、在宅介護のメリットはなんでしょうか?

①住み慣れた家で気兼ねなく過ごすことができる

②自分の好きな介護サービス事業所を選ぶことができる

③施設入所に比べて費用を安く抑えることができる

反対にデメリットは?

①介護サービスの時間以外は家族が行わなければならない

②家族への負担が大きくなれば介護疲れになりやすい

③介護度が高くなれば家族への負担が大きくなる

書類にどんな違いがあるの?

居宅介護・施設介護ともにケアプランは必要ですが、それに加えて在宅介護は【サービス利用表】が追加されます。

これは各種介護サービスの利用曜日・時間を記入したもので、一か月の負担金額も記載されています。回数によって負担金額が違うので、ケアマネジャーは毎月作成し、自宅へ訪問して本人・家族へ書類の説明と確認を行ったあとに確認の印鑑をいただくのです。

番外編:施設での居宅介護

これはいわゆる【集合住宅】のことを指しています。

住宅型有料老人ホーム

これは特定施設ではないので、いわゆる【賃貸マンション】のイメージが近いと思います。なので介護が必要になれば個別に介護の契約が必要になります。

いかがですか?居宅介護をよく理解した上で介護サービスを利用することが大事になるんです。

注意:実際にケアプランを立てるにはケアマネジャーに依頼する必要があります。このブログは介護初心者がケアマネジャーに相談するにあたって敷居が高く感じるとの相談から作られました。必ずケアマネジャーとの相談の上でお願いします。