認知症を知っていますか?≪認知症を疑ったらどう行動したらいいですか?≫

こんにちは。みろりんです。

昨日は認知症の症状について説明しましたね。どうですか?難しかったですか?あなたの率直なご意見をお待ちしています。

同居していたり、近くに住んでいて頻繁に会っているとなかなかその変化に気が付きにくいものですが、遠方に住んでいると、たまに会ったときに前回と比較して認知症に気が付きやすいということもあるんです。

私たちでもそんな経験ありませんか?久しぶりに会った友人に「なんか雰囲気変わったね」って言われたことありませんか?それと同じ感じです。

電話では子供に心配をかけまいと「大丈夫だよ」としきりに言うけれど、久しぶりに実家に帰省したら親は大丈夫ではなく大変なことになっていて、このままでは自宅に帰れず、会社へは有給休暇をとり、その後の対応に追われた、という話も聞いています。

それでは、自分の親が認知症ではないか?と疑い始めたらどういう行動をとったらいいでしょうか?

まずは地域包括支援センターに相談しましょう

基本は出向いてからの相談になりますが、あなたがとてもそんな余裕がなくて目が離せない状態であれば、電話でも大丈夫ですよ。

自宅まで訪問して相談を聞いてもらえます。そしたら当事者であるあなたの親を実際にみてもらうことも出来ますよね。

実際にみてもらうことで緊急性があるのか、介護保険の申請をした方がいいのか等、今後の行動・対応・方向性をあなたと一緒に考えてくれるのです。

その次に、かかりつけ医に相談してください。何故なら、かかりつけ医は介護保険の申請に関する医療面での書類を作るからです。しかし、どこでもいいわけではありません。注意が必要です。

認知症であれば、内科・心療内科・精神科。骨折や外傷であれば、外科・整形外科など、症状によって区分けすることが非常に大事になってきます。

【物忘れ外来】っていうのをあなたは知っていますか?

昔は認知症の方が受診するのは精神科や心療内科が多かったのです。でも、『さあ、精神科に行きましょう!』と聞いてあなたはどんな印象を持ちますか?

『精神科?そんなに頭はおかしくないよ!』『きちがいじゃあるまいし、失礼な!』なんてよく言われていました。

内科の薬より精神科の薬の方が症状の緩和に合って効果が期待できるのに、【精神科】の-イメージが強いために病院から足が遠のいてしまうのです。

そこで【物忘れ外来】という名前が誕生したのです‼

つまり、【物忘れ外来】=【精神科・心療内科】なのです。

これだと『最近もの忘れが気になるからちょっと物忘れ外来へ行ってみましょうか?』と親に声掛けしやすくないですか?少しだけ安心感を感じませんか?

中には認知症が【初期】のうちに飲み始めたら効果がある薬もあるのです。

薬のことだけでなく、認知症全般について生活面でのアドバイスを受けることもできるのでぜひ活用をお勧めします。

つまり、【鉄は熱いうちに打て】=認知症を疑い始めた時点でなるべく早めにもの忘れ外来を受診しましょう。

注意:実際にケアプランを立てるにはケアマネジャーに依頼する必要があります。このブログは介護初心者がケアマネジャーに相談するにあたって敷居が高く感じるとの相談から作られました。必ずケアマネジャーとの相談の上でお願いします。